最安値検索


カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


ブログ検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム


リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーマクール

サーマクールとは、外科的手法を使わず高周波を照射することにより、皮膚のシワ・たるみを改善しリフティング(引き上げ)する電気的美容技術のこと。

サーマクールは、皮下約3ミリ下の細胞組織に熱を加えて、熱によりコラーゲンの収縮を促すとともに、その後の組織引き締めとコラーゲンへのダメージを少なくするために冷却をし、この過程をくり返し行います。

たるんだコラーゲンを元に修復し、年とともに減っていく自己コラーゲンの増殖を促して、顔・首・あごのシワ・たるみを少なくしていきます。

個人の代謝機能の差により効果の違いはでるものの、人によっては開いた毛穴やニキビ・シミの改善が見られ、施術後もすぐに化粧ができるといったメリットがあります。
スポンサーサイト

リフティング

リフティングとは、加齢やストレスによるしわ・たるみによって、フェイスラインがくずれてしまった人の顔の立体感を取り戻し、 張りと弾力の生き生きした若々しさを取り戻す目的のケア及びエステの技術です。

リフティングには、美容外科的方法と化粧品との2つの方法があります。

「サーマクール」という高周波技術では、たるんだコラーゲンを収縮させ、冷却します。
この熱冷却過程をくり返して皮膚刺激を促し、皮膚の活性化を図るワケです。

スキンケアでは、ヒアルロン酸やセラミド、レチノールといったしわのばし成分で、目尻・ほうれい線を中心に細胞の保湿力を高め、乾燥組織に潤いを与え、ふくらみを取り戻す化粧品があります。フェイスラインのほか、首・デコルテ(首筋から肩にかけて)に使います。

しわ

しわとは、加齢により肌から水分含有量が減り、皮膚の真皮層からコラーゲンが減少する為に起こる老化現象です。

しわができる原因は、光老化と乾燥がある。紫外線や乾燥によって、皮膚真皮層のコラーゲン線維の減少・エラスチンの変性・エラスチンやコラーゲンなど線維芽細胞の活動が鈍化、肌のたるみが助長され、大じわとなるのです。

皮下脂肪の減少などの老化によって、局所的に皮下脂肪組織が減少するアイホールや、目尻にしわができやすくなります。

エイジングをケアする化粧品には皮膚に潤いを与えるコラーゲンを配合したものが多いので効果的です。

皮膚の代謝を高め、たるんだ皮膚を物理的にリフティングし、パックなどで潤いとハリを回復するなど様々な方法があります。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とは、人間の皮膚の中に存在し、水分を保って肌の乾燥や荒れを防ぐ役割をしています。

ヒアルロン酸は、関節液、関節軟骨などにも含まれ、骨と骨の間の滑りをよくし、クッションとしての働きなど、関節の動きをスムーズにする役割をしています。

最近の研究では細胞が壊された時や強い炎症が起こった時に細胞を修復する機能があると言われています。

実際のヒアルロン酸はネバネバした液状の物質であり、分子量が大きいものはゼリー状になっています。

ヒアルロン酸は加齢とともに減少するので、ドリンクのサプリメントや化粧水、スキンクリーム、入浴剤などで補給すると良いです。

ヒアルロン酸を多く含むフカヒレスープや鳥の手羽などの食品から摂取するよう普段から心がけましょう。
それでは、ほうれい線を手っ取り早く目立たなくするマッサージの方法を紹介します。

メイク前、クレンジングのついで、またはテレビCMの合間などに出来るマッサージですから、気軽でカンタンに続けることが出来るでしょう。


全てのステップで「1.2.3」とゆっくり3つ数えて行いましょう♪

【STEP 1】
まずは、顔のむくみやたるみをとるためのプッシングから行いましょう。

アゴ(唇中央の下あたり)を両手の中指と薬指で、息を吐きながら、適度な強さで押します。

この部分にはリンパが通ってますので、押すことで流れがよくなります。あくまでも適度に強く押しすぎないように注意してください。

ステップ1


【STEP 2】
続いてもプッシングです。唇の両端を両手の中指&薬指で、息を吐きながら、やはり適度な強さで押しましょう。

この部分も同じくリンパ腺があるので滞った老廃物を押し流すようにマッサージしましょう。
ステップ2


【STEP・3】
アゴ(唇中央の下あたり)に両手の人差し指&中指&薬指を置き、唇の端から目の中央の下あたりまで指を滑らせましょう。

皮膚はティッシュ1枚程度の薄さなので、それを意識しながら、指の腹で優しく滑らせます。
ステップ3


【STEP・4】
アゴ(唇中央の下あたり)に両手の人差し指&中指&薬指を置き、輪郭をなぞるようにこめかみまで指を滑らせます。力を入れすぎず、皮膚をひっぱらないように、あくまでも優しく注意しながらマッサージしましょう。
ステップ4



以上を1セットとして5セット行います。
マッサージを行うときは、乳液やクリームなどを塗って行うと指のすべりがよくなり、肌に負担をかけず大変有効です。


何事も継続することが大事ですから、毎日心とカラダを鎮めるような気持ちで行いましょう!



女性には特に気になるほうれい線は、なぜ出来るのでしょう?

ほうれい線は年を重ねると出てくるものと思ってる方も多いのではないでしょうか?

ほうれい線って、実は若いうちから存在し、老化とともに徐々に深くなっていって目立ってくるんですね。

ほうれい線が深くなる原因は、筋肉が緩み垂れ下がってしまう、いわゆる皮膚のたるみなんです。

ですから、皮膚のたるみをなんとかすれば、出来てしまったほうれい線を目立たなくすることはできるのです!

「ほうれい線対策マッサージ」では、ほうれい線が目立たなくするマッサージも紹介しています。諦めないでトライしましょう♪
法令線とは、医学用語では鼻唇溝(びしんこう)といい、両小鼻から口元にむかって、加齢でできる八の字状のしわのことです。

人間が活動するということは、重力にさからって動いているということであり、特に顔の皮膚は紫外線や乾燥など外の環境にさらされ、加齢の影響をうけやすいのです。

顔は、人間の精神的な状態も反映する為、ストレスに弱い人ほど、法令線がどうしても出やすくなります。

法令線対策には、外からはセラミドやヒアルロン酸などの入ったケアコスメでの保湿を心がけ、マッサージをして血行をよくする、内側からはコラーゲンなど柔軟組織・弾力性組織の元になる栄養をとることが大切だということが分かってきました。

近年、プチ整形によるヒアルロン酸注入や、サーマクール(外科的過程はない)でのフェイスリフトに即効性が認められています。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。